Whole System Coaching ホールシステムコーチング®

今からコーチングを学ぶ方へ 知らないと損をする効果的にコーチングを学ぶ 7つのコツ!

取材お申し込み 講演/講師ご依頼 セミナーについて お問い合わせはこちら

ホールシステムコーチング®誕生の軌跡 開発秘話 We Co-create Stories.

学びのステップはこちら

WSC説明会

勉強会&イベント

BC ブレインコース

PC プロフェッショナルコース

AC アドバンス プロフェッショナルコース

WSC無料メールセミナー 成果が出るコーチング全5回 シークレットBOOKプレゼント!

Sachi流 元気が出るプチコーチング

セミナー受講規約

特定商取引法に基づく表示

個人情報取扱について

コーチングを学ぶ7つのチェックポイント □  団体の雰囲気が合うか? □ 誰から学ぶか? □ 誰と学ぶか? □ 講師が実践者か? □ サポート(フォロー)システムがあるか? □ フィードバックがもらえるか? □ おもしろい、楽しいと感じるか?

1.団体の雰囲気が合うか?

コーチングの団体も様々あります。
例えばビジネス、スポーツ、
親子コミュニケ―ションなどなど。
それぞれで強みや得意なことが異なりますから、
ご自身が学びたいと思われるジャンル、
雰囲気が合った団体を選ぶことをおススメします。

2.誰から学ぶか?

コーチングを学ぶにあたり、
きっと何かしらの目標を持たれたと思います。
洋菓子職人になりたいのに
和食割烹のお店で修業する人はいません。
コーチ・講師が、あなたの目指す姿とマッチしているか?
この点も非常に重要な検討ポイントです。

ホールシステムコーチング®はプログラム共同開発者
生嶋 幸子森西 美香とWSC認定メンターコーチで運営しています。

3.誰と学ぶか?

コーチングは、単なるコミュニケーションスキルではなく、在り方や関係性から成り立ちます。
共に学ぶ人たちと、
実際にワークを行うことが多数あります。
その際、団体のカラーによって
学ぶ人々の属性が異なります。
同期と呼べるような仲間ができやすいのも
コーチングを学ぶ上での特徴と言えます。

4.講師が実践者か?

指導者たる者実践者たれ。
これは、どの業界でも同じですが、
現場の一線を退いていては
最新の情報が提供できません。
実際にクライアントにセッションを
現在も行っている講師から学ぶことをお勧めします。

5.サポート(フォロー)システムがあるか?

コーチングスキルは一朝一夕で身に付くことはありません。
上達のために欠かせないのが実践→振り返り→実践
というサイクルを「継続」して行うことです。
このサイクルに対しての支援があるか?
というのも重要な選択基準です。

6.フィードバックがもらえるか

研修中のフィードバックがあるのは当たり前ですが、
実践に対してのフィードバックはさらに重要です。
またそのフィードバックのレベルによっても、
受講者が学び得る内容が異なります。

7.おもしろい、楽しいと感じるか?

なによりも大切なことだと言えます。
正しいこと、はとても大切ですが、
それだけでは、学びたいという意欲が継続しません。
コーチングのおもしろさ、
楽しさを感じることができる環境で
学ぶことをお勧めします。

最新! ホールブレイン"全能"をつかうコーチングスキル 私たちと一緒に学びませんか?